低周波電気治療器


低周波電気治療とは

一般的に電気治療器は、治療に使用する周波数によってグループ分けされており、低周波治療器では1~999Hzまでの範囲を使用します。 それ以上を中周波治療器、さらに高いものを高周波治療器と呼びます。

筋収縮運動によるポンプ作用で血行促進させ、痛み抑制物質の分泌を促す効果があると言われています。 筋収縮運動により弱った筋肉の筋力強化の効果が期待できます。 筋肉のコリ解消に優れていると言われています。

低周波の中でも高い周波数の場合は、痛みに対して即効性がありますが、通電を停止すると短時間で痛みが元に戻ります。 逆に低い周波数は、即効性はありませんが徐々に痛みが軽減され、持続効果があります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ